塾講師のポイント

塾講師というのは一般的な教師とは違います。
教師というのは公務員ですが、塾講師は民間ですし、教師は資格がなければいけないのに対して、塾講師は資格がいりません。
まずはこのような違いをしっかりと知ることがポイントです。
しかし、塾講師は家庭教師とは違って、個人で行うことは難しいので、通常は企業に雇ってもらうようになります。
そこで重要なポイントは、どのような人が採用してもらいやすいのかという点でしょう。

採用してもらいやすい人というのは、元気で明るい人、人に物を教えるということを誇りに思っている人、教育の重要さを知っている人、人に教えるだけの知識を持っていることの4点です。
特に中学生を対象にしている場合には、高校受験を目的に塾へ通う人が多いので、どうしても勉強だけしっかりとやりたいという親も多いのですが、勉強というのは量をこなすよりも質が大切になります。
元気で明るい講師であれば、生徒も質問しやすいですし、親しみを与えることもできるのです。

暗くて元気がない感じでは、やはりやる気が出なくなってしまうので、元気で明るい人が求められます。
また、人に教えるということは、通常よりもずっと高い知識が必要になるので、知識が十分にあるというのは必須条件です。
教育の重要性や自分が教えた生徒が高校に合格するということに誇りを持てる人でなければ、やはり教育者とは言えません。
当サイトでは特に中学生を対象にしている塾講師に付いての情報を明記しているので、参考にしていただければと思います。